AR(拡張現実)のデザインへの活用例

architecture-2

現在、Oculus RiftやHTC Vive、Playstation VRの発売によりVR(Virtual Reality:
バーチャルリアリティ)への注目が高まっています。

一方、Pokemon GoやSnapchatなどのサービスによってAR(Augmented Reality:拡張現実)への認知も高まっているようです。

・AR(Augmented Reality:拡張現実)とは?

ARとはAugmented Realityの略語で日本語では拡張現実と訳されます。人が知覚する現実環境をコンピュータにより拡張する技術、およびコンピュータにより拡張された現実環境そのものを指す言葉です。

 

簡単に言うと、

何かをきっかけに情報を呼び、現実世界の映像の上に情報を重ね合わせるものですね。

現実の世界・空間を拡張させ、新たな世界や利用方法を生み出すことなので、ARは現実とデジタル情報を重ね合わせることが重要であると考えられています。

最近の活用例で言うと、

Pokemon Goや

screen-shot-2016-07-11-at-10-30-23-am

 

Snapchatなど

snapchat-filters

もARを活用したサービスと言えます。

 

・VRとARの違い

l_kz_kore0920_01

画像引用:ネットコマース株式会社:http://www.netcommerce.co.jp/blog/2016/08/27/10106

VR:仮想世界を含めたあらゆる体験を、時間や空間を超えてまるで現実世界のように表現するのが「VR(バーチャルリアリティ)」

 

AR:現実世界で人が完治する情報に、「何か別の情報」を加えて表現するのが「AR(拡張現実)」

・建築・デザインにおけるARの活用事例

こちらのAugmentという会社では、自社のサービスとしてAR(拡張現実)技術を様々な分野に活用しています。

この動画のようにAR技術をデザインに活用したり、

 

不動産や、建設業に技術導入を試したりしています。

 

このように、AR(拡張現実)の技術はまだまだ発展途上ではありますが、技術活用によって、人々の生活をより豊かにすると期待されています。VR(バーチャルリアリティ)に加えてAR(拡張現実)、そしてVRとARの組み合わさったMR(Mixed Reality:複合現実)の浸透が今後ますます私たちの生活を変えていくでしょう。

 

引用:

Augument: ”http://www.augment.com/augmented-reality-architecture/#”

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です