VRの活用例:日本の建設・不動産業界編

29474

▼目次

  1. VRが建築、不動産の分野に与える影響
  2. 国内VR活用事例(建築・不動産)
    • 全景株式会社
    • Next Co., Ltd
    • リクルート住まいカンパニー
    • 積木製作
    • NURVE
    • terrier

今回は日本の建設業界におけるVRの活用例においてまとめました。

1.VRが建築、不動産の分野に与える影響

VR(バーチャルリアリティ)には既存の社会のシステムを変える大きな影響力があると思います。

例えば、建築、不動産業界で考えると、設計者、施工者、顧客の方々に関していえば、それぞれ以下のようなメリットがあると考えられます。

設計者今まで図面やCADなどで建築物のデザインで表現しきれなかった部分が、VR環境内で完成後のイメージを用いて実際に施工する方々との間でやり取りができる。
施工者設計者によって作られた図面を、平面(2次元)から空間そのもの(3次元)に完成後のイメージを捉えることができる。これにより、設計者、施工者、顧客との間でのイメージのズレが解消される。
顧客物件の借り手や購入希望の方々が物件の内覧や新居を立てる際に完成後のイメージを正確につかむことができる。

 

2.国内VR活用事例(建築・不動産)

このように、建設・不動産業界においてVR技術の活用を試みようという動きはだんだんと大きくなっております。

▲目次に戻る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です