【テーマは”クソゲー”】1時間でプチVR Game Jamやってみた vol.2

【テーマは”クソゲー”】1時間でプチVR Game Jamやってみた vol.2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。DVERSE Inc.のマツオカです。
さてさて前回に引き続き今回も、社内のエンジニアで「一時間でUnityでVRコンテンツを作ってみる」というプチVR Game Jamを行いましたのでそのレポートです。

テーマは「クソゲー」

今回のテーマは「クソゲー」。クソなゲームです。そもそも1時間なんだからどうやっても「クソゲー」になってしまうんじゃ・・・という突っ込みは置いておいて今回も1時間で1人1コンテンツ作成しました。

早速今回作成されたコンテンツを紹介いたします。

吐き出されるクソを吸い込んできれいにするゲーム

環境:Unity、HTC Vive

まさに「クソゲー」です。

ティッシュを先に全部抜いたほうの勝つクソゲー

環境:Unity、HTC Vive

普通に楽しめる「クソゲー」。

テレポートしながらゴールを目指すクソゲー

環境:Unity、HTC Vive

狙えばゴールに直接テレポート出来ちゃうのに正規ルートだと難易度が高くてなかなかゴール出来ない「クソゲー」。

見事な「クソゲー」が並びました。
でも「クソゲー」でもVRになると体験として面白かったりするから不思議です。クソゲーを作りまくればVR時代の新たな発想の「神ゲー」がいつか出来るんじゃないかと思ったり思わなかったり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*