VRのアナリティクスとは?Unity Analyticsを使ってみた。

VRのアナリティクスとは?Unity Analyticsを使ってみた。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんにちは。Dverse Inc.R&D部のタイラです。
今回は「VRコンテンツにおけるのアナリティクスって皆どうしてるんだろ?そういえばUnity Analyticsってどんな事が出来るの?」という疑問からUnity Analyticsついて調べてみました。

VR アナリティクスってなんだろう?

いきなり話が少し脱線するのですが、VRコンテンツにおけるアナリティクスってなんでしょうね?
例えばゲームの場合は、基本的にはVRであろうがゲームはゲームなので、モバイルゲームとそれほど変わらないのだろうな、という仮設が立てれます。360度映像コンテンツの場合は・・・?いらない?でも視聴者がどこを見てるのか分かったら嬉しいですよね。となればヒートマップ???

ちょっと調べてみた所下記のまとめが参考になりました。

てか2016 Virtual Reality Analytics Web Summitなんてあったんですね。 知らなかった。

上記のまとめから、
VRコンテンツだからと言って必要な情報が変わるわけではないがヒートマップがVRコンテンツのアナリティクスに適していると考えている人が多い
という事が言えるのではないかと思います。なるほど。

とりあえずUnity Analyticsを使ってみた。

弊社ではVRコンテンツを作る際主にUnityを使用しております。
そこで気づいたのですが、UnityにはUnity Analyticsという物があり、上記のような事がやりたいのであれば恐らく十分です。
さっそく使ってみました。この導入が驚く程簡単。
今回はAsset StoreからUnity Technologies社が提供してくれているVR SampleにUnity Analyticsを仕込んでみました。

Window>Servicesを選択しServicesを展開。サインインしていなかった場合はここでサインインを求められます。
Select organizationを選んでCreateをクリック。

Select organizationを選んでCreateをクリック。

AnalyticsがOFFになっているのでONにします。

AnalyticsがOFFになっているのでONにします。

左下の「Enable Analytics」か右上のボタンをクリックして有効化にします

左下の「Enable Analytics」か右上のボタンをクリックして有効化にします。

その際コンテンツの対象年齢が13歳以上かどうか聞かれる

その際コンテンツの対象年齢が13歳以上かどうか聞かれるので「This game is NOT directed to children under the age of 13 in the United States」を選択。

13歳以上である事を伝え「Save Changes」をクリックします。

13歳以上である事を伝え「Save Changes」をクリックします。
これはアメリカの法律で13歳以下の子供に提供するコンテンツについて色々あるみたいです。
さてこれでなんともう導入完了!

「Go to Dashboard」をクリック

「Go to Dashboard」をクリックすればWebブラウザから管理画面に移動し、数時間後(4から6時間らしい)で測定した数値が反映されます。

どんな数値が計測出来るのか?

ここが気になる方が多いと思います。Unity AnalyticsではサンプルとしてDemo Appという架空のデータを用意してくれているのでこちらを見て見ましょう。

Overview

METRIC MONITOR

・アクティブプレイヤー数
・セッション(Googleアナリティクスで言うPVみたいなものらしい)
・継続率
・収益

基本的な情報はここで見れます。

DataExplorer

ここで詳細なデータが見れます。基本的に「Metric」をクリックして項目を追加して、「Segment」を選択してデータを絞り込みます。追加出来る項目としてはDAU(1日にアプリを利用したユーザー数)、MAU(月間のアクティブユーザー数)、New User(新規ユーザー)、Total Daily Play Time(1日のプレイ時間)等があります。絞り込みではLife Cycle(ライフサイクル、1-3 Days等)、Geography(国、Japan等)、Monetization(収益のあるユーザーか)、Platform(プラットフォーム、iOSとか)が選べます。
DataExplorer
それらを選択すると以下のようなグラフを簡単に作成する事が出来ます。
DataExplorer グラフ
さらにcsvでの書き出しが可能でExcel等を使用すれば大体の事は事足りるのではないでしょうか?

その他の機能

Livestream(Googleアナリティクスでいうリアルタイム解析)やRaw Data Export等色々な便利機能があります。

Livestream
Livestream

カスタムイベントについて

上記の数値以外のデータを取りたい場合は任意のイベントをカスタムイベントとして作成し送信する事が出来ます。
下記参考コードです。

計測結果が反映されると「DataExplorer」からカスタムイベント項目に追加して結果をグラフで見る事が出来ます。

参考サイト

→公式サイト

→導入の参考になりました。

→こちらも非常に参考になりました。アナリティクスポイントや5.4からの使用変更等詳しいのでカスタムイベントを使用する場合はオススメです。

→このスライド凄く良いです。てかこれ見ればだいたいの概要が分かります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*